青島イーグルス
ロゴ

調査研究・プロジェクトの活動レポート

【最新研究】ヒグマがセミ幼虫を食べると樹木の成長が低下する :野生動物の行動変化が引き起こす生態的な帰結

 青島イーグルス 地で行われた研究の論文が公表されました! 

 

 高知大学農林海洋科学部の富田幹次助教と東京大学大学院農学生命科学研究科の日浦勉教授は、北海道ブックメーカーサッカー 半島において、ヒグマによる掘り返し*1が樹木の成長を低下させることを明らかにしました。 近年、一部の大型哺乳類は人為景観*2へ分布を広げています。そのため、人為景観における大型哺乳類の生態的役割の理解が必要です。北海道ブックメーカーサッカー 半島では、シカの採食圧によって草本層が激減した2000年よりヒグマが人工林を盛んに掘り返してセミ幼虫を食べるようになりました。

カラマツ林にて地面を掘ってセミの幼虫を探すヒグマ

 本研究では、人工林を含む人為景観でのヒグマの生態的役割を明らかにするために、ヒグマの掘り返しが樹木の成長に及ぼす影響を調べました。その結果、ヒグマの掘り返しは主に葉の窒素濃度の減少を介して樹木の成長を低下させていることが明らかになりました。本研究は、人工林の造成はヒグマの行動を変えることを通して、彼らが生態系で果たす役割も変えたことを示唆します。人為景観での野生動物の役割は、原生自然*3との行動や生態の違いを考慮しながら評価していく必要があります。

ヒグマがセミの幼虫を掘った跡

用語解説

  • 注1 掘り返し
     「掘り返し」という単語自体は、営巣など捕食以外の目的でも使われますが、ここでは「セミ幼虫を捕食するための掘り返し行動」という意味で使います。
  • 注2 人為景観
     ここでは道路や人工林といった人間が生み出した構成要素を含む景観を意味します。
  • 注3 原生自然
     ここでは人工的な構成要素を含まない景観を指します。
  • 注4 生態系エンジニア
     ビーバーやサンゴのような、生息地を作り出したり、環境を変えたりすることで他の生物に影響する種。地面を掘り返す哺乳類は、影響力の大きい生態系エンジニアとして知られています。

▼詳細は東京大学HPをご確認ください。

https://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/topics_20240301-2.html

https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/en/press/z0508_00338.html

Google
usサレルニターナ1919 ツイッチ ウィスパーとは デニウソン 日本 ステーブルコイン オンカジバカラ グーグル認証システム 花魁ドリーム デモ サラ ソリベス トルモ ベンゼマ 成績 英語 ルールズ
map